かつしカフェ

葛飾区の個性的な喫茶店を中心に紹介しています

珈琲にもパンにもこだわりを感じる Viser Polaire は満足度Max

Viser Polaire

葛飾区 お花茶屋駅と堀切菖蒲園駅のちょうど間くらいにある Viser Polaire に行ってきました。

外観は緑が多く、広々としたガラス張りの出入り口で中の様子がよくわかります。店内が見えるとやはり入りやすいですね。

こちらは多くのパン屋さんと同じように、トレーにパンを乗せてレジで支払いを行うスタイル。

どれも見た目もよく、工夫を凝らしたものばかりで迷ってしまいます。

今回選んだのはクロックムッシュとヴィゼポレール。

クロックムッシュとヴィゼポレール

クロックムッシュはデニッシュなんでしょうか、外がカリカリとしていて、やや甘味が強く、チーズとハムとの相性がとても良かったです。

ヴィゼポレールは店名を冠したパンで、ドライフルーツを練り込んだパンでカスタードを包んであります。こちらは甘さ控えめで上品な味。もう一個くらい食べても良いかなと思える仕上がりでした。

そして、珈琲にもこだわりが。

堀口珈琲の豆を使った珈琲

堀口珈琲による監修だそうで、上質な豆からその場でドリップされた珈琲を楽しめます。

やや苦味が強いバランスでしたが、雑味が少ないのでブラックでグイグイ飲めてしまいます。苦味系なのでクリームと合わせて飲みたいのですが、なかなか入れる決意が。。。

半分くらいになったところでえいやっとクリームを投入。やはり、苦味とクリームが合わさって美味しくいただけたのですが、ブラックでも良かったかもなぁなどと思い返すくらい、美味しい珈琲でした。

外には2テーブルのテラス席がありました。流石に夏場はつらいですが、春や秋には良いかもしれませんね。

テラス席

こちらのお店は障害者のための継続就労支援を行なう事業体が運営しているとのことですが、店のレベルは商品、デザインを含めて相当高いように思います。

僕は珈琲もパンも好きなので、今後もかなり通うかもしれません。ちょっと自宅から遠いのですが。。。

住所
東京都葛飾区東堀切1-16-22
営業時間
10:00~16:30
定休日
火曜日, 水曜日
ウェブ
Viser Polaire - ホーム